中古車買取相場.web|車の査定価格と得する中古車売却とは?

中古車オークションの裏側

中古車を買取すると、90%以上が中古車オークションに出品される事になります。中古車オークションもCAAやTAA、JAなど複数の中古車オークション会場が存在します。

それぞれ扱う中古車の種類やジャンルが決まっているのですが、中古車オークションに出入りしている買取業者は、どこのオークション会場に出品すれば高く売れるのか?という事を考えて出品しています。ここではそんな中古車オークションの裏側をご紹介したいと思います。まず中古車オークションには会員登録をする必要があります。年会費のような費用も支払いながらオークションへの出入りを行うのです。

この中古車オークションと言うのは、実はすごく近代的で、昼食も無料で食べる事が出来るのです。海外の中古車業者もいますので、オークション会場によっては宗教別の昼食を用意している会場もあるぐらいです。そして入札ボタンが設置してある机に座り、めぼしい車が出てきたら落札ボタンを押しまくるのです。そして『売り切り』という合図が出たら、そこからは一番高い入札金額を入れた人、業者が落札をする事が出来るのです。最初は買うつもりのない業者もボタンを教えて盛り上げます。ただ正直いってさくらかどうかってわかるんですよね。逆に今度は中古車を売りたい業者は調整室という部屋に入り、入札状況を監視しながら売り切りを付ける作業をするのです。例えば100万円以上の入札が入ったらあとは天に任せる、といったイメージです。

あとはこの入札、落札の前に、現車を実際に見てオークション点数が本当かどうか?故障などを見落としていないか?などを調査する事も出来ます。中古車オークションには査定員がいますので、基本的にはこの査定員が厳密に査定をします。どんな事故でも見落としはほとんどありませんね。ただエンジンの故障などは走行をするわけではないので、わからない事も多いのです。その為、実際にエンジンをかけて、いろいろな部分を見るのです。